【普連土学園中】 ☆ 入試問題研究所・販売教材 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「普連土学園中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(1000円)+C(2000円)=4000円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。「普連土学園中・PACK(012Cを除く)」または「普連土学園中・AとB、012C」のようにご注文下さい。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 教材代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  普連土学園中 算数:入試対策プリント 料金 
単価 PACK
A 2018年度・普連土学園中 入試予想問題一式 1000円 4000円
B 過去問分析表(2013年〜2017年/各1回、2回)「過去問分析表の使い方」はこちらを参照 1000円
C 計算の工夫(012C)、図形・点の移動(125C)、場合の数(172C)、誘導問題(412D)・・・(詳細はこちら)    各500円
上記のPACK購入者に下記のF教材A〜Cのうちの1つを無償プレゼントします。ご希望の方はお申し出ください(在庫限り)

追加お勧めプリント等(オプション)
D 一行問題(026Z) ・・・入試頻出の典型的な一行問題を80題収録 500円
E 2018年度・追加入試予想問題…すべての学校に共通な問題。内容についてはこちらを参照 500円
F @ 過去問分析表(2007年/1回〜3回) ・・・(問題コピー、解答付)  〈終了〉 非売品
A 過去問分析表(2008年/1回〜3回) ・・・(問題コピー、解答付) 
B 過去問分析表(2009年/各1回、2回) ・・・(問題コピー、解答付) 
C 過去問分析表(2010年/各1回、2回) ・・・(問題コピー、解答付) 
G 模擬試験問題(お勧め:KB型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 速さと距離の差のグラフ(075Z) ・・・速さのグラフで縦軸が「2人の距離の差」の問題 各500円
特別三角形(094Z) ・・・3つの内角が30度、60度、90度の三角形に関する問題←2017年2回入試で出題
特別円の面積(110Z) ・・・「半径」のわからない円の面積を求めさせる問題 
2018年入試:要注意テーマ
★ 「消費税」問題(223Z) 
★ ニュートン算:標準(383Z)

計算添削指導…詳細は(こちら
I 「計算」添削指導(5回:15題) … 普連土学園中の入試問題を使用  3000円
「計算の工夫」添削指導(5回:20題) … 普連土学園中の入試問題を使用   3000円

答案作成指導・・・詳細は(こちら
J 普連土学園中の答案作成指導…実際の入試問題を使用(年度指定可能)   終了

〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2012 2013 2014 2015 2016 2017
計算の工夫
(012C) 












図形・点の移動
(125C) 










場合の数
(172C) 












誘導問題
(412D) 












    

〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 / 上段:一次試験、下段:二次試験 〕

算数:ポイントアドバイス
 算数の「誘導問題」がこの学校の入試問題の大きな特徴ですが、これを苦手としている生徒が多いのも現状です。このタイプの問題を頻出している学校として『聖セシリア女子中』と『田園調布学園中』があります。「誘導問題」を苦手としている生徒はこれらの学校の過去問集を入手して、「誘導問題」だけ集中的に学習してから、普連土学園中の過去問に取りかかるのもよいでしょう。 

「2016年・追加予想問題」より、類題的中!

≪普連土学園中・入試問題(2016年2回7)≫
(1) 2016を素数だけの積の形に表すことを考えます。

   (以下、素数と累乗の指数の使い方の説明文:省略)
 
2016=2×3×□
≪2016年度:追加予想問題(B−1)≫
(1) 2016の約数は何個ありますか。
 
〔この問題を次のように解説しています。〕
 2016=2×2×2×2×2×3×3×7より、(5+1)×(2+1)×(1+1)=36個

「普連土学園中:対策プリント」より、類題的中!

≪普連土学園中・入試問題(2015年2次1(2)≫

≪普連土学園中・計算の工夫(012C−1.過去問紹介)≫

「2013年・追加予想問題」より、類題的中!

≪普連土学園中・入試問題(2013年1回6)≫
問題文は長文のため省略(誘導問題として出題)
≪2013年度:追加予想問題(A-5)≫
東京タワーから8300mはなれた位置にある高さ30mのビルの屋上からは東京タワーと東京スカイツリーの先端が重なって見えます。東京タワーの高さを333m、東京スカイツリーの高さを634mとすると、東京タワーと東京スカイツリーの直線距離は約何mになりますか。小数点以下を四捨五入して答えなさい。