【(国)筑波大学附属駒場中】 ☆ 入試問題研究所・販売資料 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「筑駒中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(1000円)+C(500円)=2500円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 資料代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  筑波大学附属駒場中 算数:入試対策プリント 料金 
単価 PACK
A 2018年度・筑波大学附属駒場中 入試予想問題一式 1000円 2500円
B 過去問分析表(2008年〜2017年)…「過去問分析表の使い方」はこちらを参照 1000円
C 点の移動(123D)・・・(詳細はこちら)  500円

追加お勧めプリント等(オプション)
D 推理(406Z) 500円
E 2018年度・追加入試予想問題…すべての学校に共通な問題。内容についてはこちらを参照 500円
F 過去問分析表(2002年〜2007年) …問題はありません 1000円
G 模擬試験問題(お勧め:KC型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 2018年入試:要注意テーマ 各500円
★ 「消費税」問題(223Z) 
★ ニュートン算:応用(384Z)

答案作成指導・・・詳細は(こちら
J 筑波大学附属駒場中の答案作成指導…2015年の入試問題を使用  終了

〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
点の移動
(123D) 
     
    
推理
(406Z) 
         

〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 〕

「そっくり問題」の紹介

≪筑波大学附属駒場中・入試問題(2013年3))≫
 円の周上にある偶数個の点を、次の《きまり》にしたがって、2つずつ選んでまっすぐな線で結びます。
 《きまり》 ・円の周上にあるどの点も、必ず1回だけ選びます。
       ・円の中にあるどの線も、交わらないようにします。
 たとえば、円の周上に@からCの4個の点があるとき、このような線の引き方は、右の図の2通りです。
円の周上に次のように点があるとき、線の引き方はそれぞれ何通りありますか。
(1) @からEの6個の点があるとき
(2) @からGの8個の点があるとき
(3) @からIの10個の点があるとき
≪頻出問題対策プリント・場合の数(173D-4C)≫
円周上に8人の子供が立って輪をつくります。4本のロープをもって、2人ずつでロープをはります。ただし、どの2本のロープも交わらないようにし、1人で2本以上のロープをもつことはできません。例えば、右の図のようにロープをはることができます。このとき、右の例も含めてロープのはり方は何通りありますか。

《入試問題の作り方》
 上の問題で、頻出問題対策プリントに採用した問題は城北中(2009年2回)で出題された問題で、それとまったく同じ問題が今年の筑駒で出題されました。問3の(2)です。これらは同じ問題ですが、生徒に期待している解き方は両校でまったく異なります。
 城北中の問題は、多少の工夫はできますが、基本的には「考えられる場合をすべてていねいに書き出してかぞえる」ことを期待して作成したものと思われます。
 一方で、筑駒中の問題は例を参考にしながら(1)は書き出し(答え:5通り)、(2)は例と(1)の答えを使って(5+2)×2=14(通り)、(3)は例と(1)、(2)の答えを使って(14+5+2)×2=42(通り)と計算で解けることに気づくことを期待して作成されたものと思われます。
 同じ問題であっても、作成者の出題意図が異なる好例だと思います。